とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

小川寺の獅子舞

1月の火祭り、3月の春祭り、10月の秋祭りに御輿の御旅行列が観音堂を7回半巡る民俗芸能である。行列を先導する2人立ちの獅子は、行道獅子の昔のままの姿を残している。小川村は昔からの宗教村落で、神仏習合・山岳信仰の風習や教えと原始的な獅子舞の様相を伝えるものとして貴重である。

名称 小川寺の獅子舞(おがわじのししまい)
指定区分 指定種別 無形民俗文化財
種類 指定・登録日 平成6年(1994)2月24日
市町村 魚津市 所在地 小川寺
所有・管理 小川寺獅子舞保存会 員数
構造 年代
リンク
MENU