とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

出町子供歌舞伎曳山

出町子供歌舞伎曳山は神明宮の春祭りに行われる。御殿風の曳山に設けられた舞台の上で、小学生の役者による子供歌舞伎を演じる。役者は最初にお祓いをうけ、神の霊が宿る「依代」とされ、2日間足を土につけることが許されない。3基ある曳山のうち天明9年(1789)に始まった西町のものが最も古い。

名称 出町子供歌舞伎曳山(でまちこどもかぶきひきやま)
指定区分 指定種別 無形民俗文化財
種類 指定・登録日 平成6年(1994)2月24日
市町村 砺波市 所在地 本町
所有・管理 砺波子供歌舞伎曳山振興会 員数
構造 年代
リンク
MENU