とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

魚津埋没林

昭和5年(1930)の魚津港建設のため、海岸を掘り下げた際に発見された大規模な埋没林である。かつて陸上に繁茂していたスギを中心とする原始林が、約2,000年前に片貝川の氾濫によって運ばれた土砂で埋められ、その後の海水面の上昇で海面下に沈んでできたと考えられている。
樹種はスギを主とし多少の広葉樹があり、樹令は200~500年、まれに1,000年に及ぶ。発掘された樹根は直径4メートルに達するものなど、その数200本を越え、更に多数の樹株、樹根が埋没していると考えられている。埋没林でその旧態をよく残すものとして他に類例がなく、学術上の価値が極めて高い。

名称 魚津埋没林(うおづまいぼつりん)
指定区分 指定種別 特別天然記念物
種類 指定・登録日 昭和30年(1955)8月22日
市町村 魚津市 所在地 釈迦堂
所有・管理 魚津市 員数
構造 年代 縄文時代~弥生時代
リンク
MENU