とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

猪谷の背斜・向斜

富山県と岐阜県の県境近く、富山市猪谷地内の神通寺川左岸に位置する、見事な褶曲(地層の曲がり)の露頭。褶曲の高まったところを「背斜」、低くなったところを「向斜」と呼び、対岸からよく観察することができる。
約1億3000年前の中生代白亜紀前半に堆積した手取統の猪谷互層といわれる厚さ1mほどの砂岩と、30cmほどの頁岩が重なった地層が褶曲したもので、河岸段丘の崖にある見事な露頭は、学術上貴重な資料である。

名称 猪谷の背斜・向斜(いのたにのはいしゃこうしゃ)
指定区分 指定種別 天然記念物
種類 指定・登録日 昭和16年(1941)10月3日
市町村 富山市 所在地 猪谷字川原の3
所有・管理 富山市 員数
構造 褶曲 年代
リンク
MENU