とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

称名滝

 称名滝は、立山連峰の雄山を源流とする称名川が、弥陀ヶ原の溶結凝灰岩層をV字状に深く浸食した「称名廊下」の末端に位置する。その落差は約350mで、上部から40、58、92、126メートルの4段から成る、日本最大の瀑布である。立山連峰の雪解け水が豊富な時期には、称名滝の左岸側の断崖から高さ500mのハンノキ滝が現れる。
 立山信仰と密接な関係をもって知られている滝で、豪壮雄大な景観は、他に類例をみない。また浸食地形としても独自の特色をもっている。

名称 称名滝(しょうみょうだき)
指定区分 指定種別 名勝天然記念物
種類 指定・登録日 昭和48年(1973)5月29日
市町村 立山町 所在地 芦峅寺ブナ坂外国有林
所有・管理 農林水産省 員数
構造 年代
リンク

関連する資料

とやまの名勝(とやま文化財百選シリーズ8)

MENU