とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

松倉城跡

三方が急斜面、一方が山並みに続く自然の要塞で、越中三大山城のひとつである。城の起源は南北朝時代にさかのぼる。城主は度々変わったが、約250年間、新川地方の政治の中心であった。上杉謙信方についていた城主が武田信玄方に寝返ったため、謙信に攻められた。天正元年(1573)頃落城したといわれている。廃城になったのは慶長(1596~)初めごろらしい。

名称 松倉城跡(まつくらじょうせき)
指定区分 指定種別 史跡
種類 指定・登録日 昭和40年(1965)1月1日
市町村 魚津市 所在地 鹿熊字城山3-2
所有・管理 魚津市 員数
構造 年代 南北朝時代~慶長
リンク
MENU