とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

嘉例沢の石仏

嘉例沢の石仏は、大岩の一面に、仏像が5体浮き彫りにされているものである。左側の三体地蔵は、室町時代にさかのぼる作であろうと見られている。右側の二体は、明和2年以後、2度に分けて追加して刻まれたものである。

名称 嘉例沢の石仏(かれいざわのせきぶつ)
指定区分 指定種別 史跡
種類 指定・登録日 昭和40年(1965)2月1日
市町村 黒部市 所在地 嘉例沢305-2
所有・管理 黒部市 員数
構造 年代 室町時代、江戸時代
リンク
MENU