とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

北代遺跡

北代遺跡は県下では広く知られている遺跡で、これまでに発見された遺物では、縄文時代中期のものが最も多く、これに早期及び後・晩期のものが含まれ、歴史時代の遺物まで加わることが確認されている。
縄文時代中期後半の集落跡で、この遺跡ほど大規模なものは少ない。当時の集落立地や集落構造の解明をはじめ、北陸地方の縄文文化研究に貴重な資料を提供する遺跡と言える。

名称 北代遺跡(きただいいせき)
指定区分 指定種別 史跡
種類 指定・登録日 昭和59年(1984)1月4日
市町村 富山市 所在地 北代字大畑3871-1(北代縄文広場)
所有・管理 富山市 員数
構造 年代 縄文時代
リンク
MENU