とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

加賀藩主前田家墓所(前田利長墓所)

加賀前田家3代前田利常が兄利長の33回忌にあたる正保3年(1646)に築造した墓所。墓域は、外堀、内堀の2重の堀で囲まれ(現在外堀は埋没)、中心に1辺15.5mの御廟が位置する。基壇は、戸室山(石川県金沢市)の戸室石を切り出して築造し、その上に花崗岩の墓碑(高さ8.23m)を立て、「贈正二位行権大納言県肥前守菅原朝臣利長之墓」と彫られている。
基壇の周りには、狩野探幽の下絵といわれる、蓮華文のレリーフが刻まれている。

名称 加賀藩主前田家墓所(前田利長墓所)(かがはんしゅまえだけぼしょ(まえだとしながぼしょ))
指定区分 指定種別 史跡
種類 指定・登録日 平成21年(2009)2月12日
市町村 高岡市 所在地 関地内
所有・管理 高岡市 員数
構造 年代 正保3年(1646)
リンク
MENU