とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

串田新遺跡

串田新遺跡は射水市の丘陵に位置する縄文時代中期、古墳時代の遺跡。この遺跡で出土した土器は、「串田新式土器」と呼ばれる縄文時代中期後葉の土器で、富山県と周辺の限られた地域のみ分布する。北陸地方の縄文時代中期後葉の標識遺跡である。
また、古墳時代初期の墳丘墓が3基あり、同時期の住居が隣接しており、古墳時代の地域社会の解明上、重要な遺跡である。

名称 串田新遺跡(くしたしんいせき)
指定区分 指定種別 史跡
種類 指定・登録日 昭和51年(1976)9月20日
市町村 射水市 所在地 串田新
所有・管理 射水市 員数
構造 年代 縄文時代、古墳時代
リンク
MENU