とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

高瀬遺跡(石仏地区)

発見された柱穴列や柱根により、主屋と考えられる建物が東側にあって西を向き、主屋の前庭をはさんで南側と北側に1棟ずつ設けられた付属脇屋とともに「コ」字状の配置になっていることが分かった。小川が主屋の南庭を蛇行して流れていたことも明らかにされた。小川跡をはじめ遺跡一帯から木簡(文字を書いた板)、加工木片、漆器、須恵器や土師器の器物類、杯蓋の内面を利用した硯、瓦塔などの遺物が発見されている。平安時代の荘園の管理所跡と考えられる。

名称 高瀬遺跡(石仏地区)(たかせいせき(いしぼとけちく))
指定区分 指定種別 史跡
種類 指定・登録日 昭和47年(1972)3月22日
市町村 南砺市 所在地 高瀬736
所有・管理 員数
構造 年代 平安時代
リンク
MENU