とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

旧金岡家住宅主屋

薬種業を営んだ金岡家の主屋で、道路に東面する大規模町家である。北西に隣接して新屋が建てられたが、概ね建築当初の様子が分かる。通りに面した広いミセや銘木・色つき壁等を駆使した座敷の室内意匠等に見るべきものがある。明治初期の建築である(2階と新屋とりつき部は大正期増築)。

名称 旧金岡家住宅主屋(きゅうかなおかけじゅうたくおもや)
指定区分 指定種別 登録有形文化財
種類 建造物 指定・登録日 平成10年(1998)7月23日
市町村 富山市 所在地 新庄町1-5-24
所有・管理 富山県 員数
構造 年代 明治時代
リンク

関連する文化遺産

MENU