とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

じょうはな庵(旧中谷家住宅)主屋

じょうはな庵は城端別院善徳寺の門前町通り(大工町)に面した町屋建築とその土蔵である。主屋の外観は、登りせがいの軒(登り梁に支えられた深い軒)、厚い板で葺かれた庇、2階両側の袖壁など、この地域の町屋の特徴をよく残す。主屋は明治38年(1905)頃の建築と見られる。平成13年に現位置に曳家移築された。

名称 じょうはな庵(旧中谷家住宅)主屋(じょうはないおり(きゅうなかたにけじゅうたく)おもや)
指定区分 指定種別 登録有形文化財
種類 建造物 指定・登録日 平成27年(2015)11月17日
市町村 南砺市 所在地 城端字大工町
所有・管理 個人 員数
構造 年代 明治時代

関連する文化遺産

MENU