とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

能松家住宅主屋

明治末期頃に建築されたと推定される廻船で栄えた吉久の町屋である。元は米商を営み土蔵も2棟ある。間口は4間半で玄関及び7室が2列に整然と配されている。オイには透き漆塗りの梁組をみせる。増改築もほとんどなく、きわめて良質の住宅である。

名称 能松家住宅主屋(よしまつけじゅうたくおもや)
指定区分 指定種別 登録有形文化財
種類 建造物 指定・登録日 平成9年(1997)12月12日
市町村 高岡市 所在地 吉久2-3-2
所有・管理 個人 員数
構造 年代 明治時代

関連する文化遺産

MENU