とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

浮田家住宅

浮田家は元禄6年(1693)山廻り役となり、山林の取り締まりと、立山・黒部の国境監視にあたった。文政10年(1827)三千石の代官に任ぜられ、翌11年にこの家が建てられた。百姓としての家構えだけでなく、山廻りの役所も兼ね備えた家の構造が珍しい。
表門の潜戸は入ると自然に閉まる。母屋は寄棟の茅葺きである。式台を上がると太い梁を組んだ広間である。左手は来客用の座敷が続き、右手(家の下手)は山廻り役所の仕事場にあてられ、奥は住まいである。奥の台所には人の出入りが見える「のぞき窓」がある。

名称 浮田家住宅(うきたけじゅうたく)
指定区分 指定種別 重要文化財
種類 建造物 指定・登録日 昭和54年(1979)5月21日
市町村 富山市 所在地 太田南町272
所有・管理 富山市 員数 3
構造 寄棟茅葺き(母屋) 年代 文政11年(1828)
備考 主屋、表門、土蔵
リンク

関連する文化遺産

MENU