とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

勝興寺

 往古の越中国庁跡に建つ真宗寺院勝興寺は、かつて一向一揆の総師として活躍し、越中の戦国史上に重要な役割を果たし、歴代本山、加賀藩や公家などと深いつながりのあった由緒ある古刹である。
 本堂は、西本願寺本堂を範例に地方所在本堂として破格の規模と形式をそなえ、江戸時代中期以降の傾向を代表する本堂遺構の優例として高く評価される。
 本堂は平成9年から16年まで半解体修理が行われ、その他の建物は現在保存修理が実施されている。

名称 勝興寺(しょうこうじ)
指定区分 指定種別 重要文化財
種類 建造物 指定・登録日 昭和63年(1988)1月13日
平成7年(1995)12月26日
市町村 高岡市 所在地 伏木古国府17-1
所有・管理 勝興寺 員数 12
構造 年代
備考 本堂、経堂、御霊屋、鼓堂、宝蔵、総門、唐門、式台門、大広間及び式台、台所、書院及び奥書院、御内仏、附棟札1枚、銘札1枚
リンク

関連する文化遺産

MENU