とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

銅錫杖頭〔双竜飾〕(富山県大日岳発見)

明治26年(1893)に立山の大日岳で発見された。古代立山修験道の盛んであった様子を物語る。平安時代前期のものと推定される。

名称 銅錫杖頭〔双竜飾〕(富山県大日岳発見)(どうしゃくじょうとう)
指定区分 指定種別 重要文化財
種類 工芸品 指定・登録日 昭和38年(1963)7月1日
市町村 高岡市 所在地 台東区上野公園13-9(東京国立博物館保管)
所有・管理 個人 員数
構造 年代 平安時代

関連する文化遺産

MENU