とやまの文化遺産 とやまの文化遺産

旧嶋家住宅(旧所在富山片掛)

旧嶋家住宅は、かつて飛騨街道、猪谷関所近くの細入村片掛にあり、18世紀頃の建築だといわれており、昭和46年にここに移築された。屋根は切妻造り、勾配は飛弾の影響を受けてかなり緩く、板葺きで石が並べてある。正面には板屋根の軒がつき、出入口の板戸二枚に障子が設けてある点など、町家の特色がある。家に入ると広い土間があり、右手に板の間の「かって」と「広間」が続く。広々とした感じを受ける。飛騨街道筋民家の特徴である。

名称 旧嶋家住宅(旧所在富山片掛)(きゅうしまけじゅうたく(きゅうしょざいとやまかたがけ))
指定区分 指定種別 重要文化財
種類 建造物 指定・登録日 昭和46年(1971)3月11日
市町村 立山町 所在地 芦峅寺古屋敷37
所有・管理 富山県 員数
構造 切妻造り(屋根) 年代 江戸時代
リンク

関連する文化遺産

MENU